2013年06月22日

おぼれているマーモットを救い出したアメリカアカシカ



米アイダホ州のポカテロ動物園で、飼育員の目を疑うような光景が展開されていた。4歳になるアメリカアカシカのシューターが、飲み水が入っているタンク水槽でなにやらピチャピチャやっている。”いったい何をしているんだろう?遊んでいるのかしら?”とその行為を目撃した飼育員は、カメラを取りその様子を撮影した。

シューターは遊んでいるわけではなかった。なんとその飲み水タンクに誤っておちたマーモットを必死に救い出そうとしていたのだ。










 撮影を開始してから15分後、ついにシューターはマーモットを救い出すことに成功。これらの写真はその行為をずっとみていた飼育員さんが撮影したものである。


 自らの飲み水が入ったタンクの前でなにやら訴えているシューター

226a0697.jpg


 中を覗き込んで必死にがさごそやっている

17eec36e.jpg


 前足を水の中に入れようと試みたりもしている

1d8578ad.jpg


 そしてついに!シューターの口には1匹のマーモットの姿が

590493aa.jpg


 シューターは救い出したマーモットをそっと地面においた

f4be7a7f.jpg


 シューターのおかげで危機を脱したマーモット。無事に帰って行った

db73473c.jpg



アメリカアカシカはシカの中ではヘラジカについで2番目に体が大きい種で、雄は平均で、体重315kg程度、肩の高さ1.5m、全長2.4mもある。他のシカと同様に草や樹木の葉・樹皮を食べる草食動物なので、動物であるマーモットを捕食するはずもなく、純粋に助けたかったようだ。







ちんたはアシカが水に落ちたわが子を助けるのは見たことがあるけども、こんな風に種を超えて、自分よりも小さなものを助けようとするんだね!


人間が思っているよりも動物も色々と考えているようだ。








人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村














posted by ちんた at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

犬も、猫も、人間も、夜道でピカピカクールに光る、イルミネーション発光首輪「HALO MINI」



ネット上で資金援助を募る、米国のソーシャル資金調達サイト「Kickstarter」。


様々なアイデア商品などに満ち溢れているが、そんな中、終了日まで1か月以上あるのに、目標金額を1万ドル(96万円)をはるかに上回る約2万ドルの資金が集まってしまったという商品がこれ。










 そこいらにある粗悪なLEDではなく、特許を取得した独自のLED発光システムにより、より安全で美しい発光を出せるという、犬や猫用のイルミネーション発光首輪なのだそうだ。

 もともとは自分の愛犬の為に開発を進めていたものだという。


510e60ef.jpg


 約2時間の充電で、72時間発光状態を保つことができるという。ライトの色は、赤、緑、青の3色があり、車のライト反射用のステッチもついている。これなら夜間も安全に犬を散歩させることができる。





 猫にも対応可能。

ecf276d8.jpg


f4061b2b.jpg


 そして人間用のベルトもある。


943c8899.jpg



というわけで気になる読者の方は、まだ資金募集中なのでチェックしてみるといいかもしれない。出資した金額に応じて商品がもらえる。

【HALO MINI - Illuminated Pet Collars by Vincent Pilot Ng − Kickstarter】






人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村












posted by ちんた at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

通常比20倍、巨大化した蚊が米フロリダ州を襲う。巨大蚊の大量発生



米フロリダ州にて、巨大化した蚊、ジャイアント・モスキートが現れ始めたという。


ユスリカとかではなく、普通に蚊なので当然血を吸う。しかも巨大なので、この蚊に血を吸われると激痛が走るという。









 米フロリダ大学の昆虫学者たちは、既に巨大蚊の侵略を予測していた。これは、熱帯暴風雨やハリケーンによる洪水の影響で、元来この地域には生息していなかった巨大蚊の幼虫が運ばれてくる可能性を示唆したもので、昨年、巨大蚊は少数ながら発見されていた。そして今年、フロリダ州を襲った豪雨により、この巨大蚊が大量発生してしまったのだ。

 巨大蚊の体長はフロリダ州にいる在来種の20倍はあり、その羽音も凄まじく、刺されると激痛が走るという。昆虫学者たちはこの蚊を「ノートリアスリー・アグレッシブ(悪名高き攻撃者)」と呼んでいる。正式な学名は、Psorophora ciliata (Fabricius)でGallinipperと呼ばれている。


 幸いなことに、巨大蚊は攻撃的ではあるものの、有害なウイルスを媒介するものではないという。


61a7a220.jpg


95782abf.jpg









人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村













posted by ちんた at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。