2012年11月30日

マレーシアのククップ寺で飼われている、犬+キツネ+タヌキ+イタチのような風貌をした謎の動物



マレーシアのジョホールバルの地区に位置する小さな漁村、ククップの寺の野外で飼育されているという一匹の生物。

動画のタイトリングでは、犬+猫+リス+キツネのミックスと表記されているが、様々な動物の特徴を兼ね備えているような感じは見受けられる。はたしてこの生物の正体は?


















動画を見るとハクビシンにも似ているようだが、ハクビシンの特徴である鼻の白い線が無いので違う。


おそらくジャコウネコかその亜科かと思われるのだが、詳しい読者の方がいたら教えていただきたいと思うよ。












人気ブログランキングへ

















posted by ちんた at 06:00| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

世界最多、750本の足を持つ伝説のヤスデ「イラクメ・プレニペス」が再発見される



通常のヤスデ種の場合、その足の数は80〜100本程度と言われているが、米カリフォルニア州北部シリコンバレー郊外で、750本もの足を持つヤスデの生きた個体が確認された。


発見したのはアリゾナ大学の昆虫学者ポール・マレク氏で、このヤスデは体長3cm程度のギボシヤスデの一種で、名前のイラクメ・プレニペス(Illacme plenipes)は「究極の数の足を持つもの」という意味だ。1928年に初めて発見されたが、その後は報告がなく、既に絶滅したと考えられていた












マレク氏の研究チームは収集と分析を続け、このたび初めて詳細な学術報告をまとめた。かなり特徴的な生態が明らかになったという。 メスは最大で750本の足を持ち、550本以上のオスも確認されている。。また、背中を覆う長い体毛から絹状の糸を紡ぎ、自身の“衣服”を作るという。

マレク氏は、「その筋の研究者にとって、イラクメ・プレニペスは“伝説のヤスデ”だった」と振り返る。 2005年当時、博士課程の学生だったマレク氏は心を奪われ、サンフランシスコ郊外の霧深い地域7.3平方キロで捜索を開始。

およそ3年かけて、同氏のチームは17匹を見つけ出した。いずれも巨大な砂岩にしがみ付いていたという。コレクションを増やすこともできたが、野生個体が完全に失われてしまう恐れを考え、2007年に収集活動を終了している。


穴を掘って地中で暮らすヤスデは、足の一本一本に鉤ツメが発達している。「イラクメ・プレニペスもこの鉤ツメを利用して地中の岩石にしがみ付くのだろう」とマレク氏は述べる。

「また、体の割に触角が大きく、暗闇でも進む道を認識できる。半透明でギザギザの体も特徴的だ。体毛から作り出される絹状の糸は、岩石の下面に付着する際に役立つと考えられる。さらに、ほかのヤスデの口の形と異なり、植物組織を刺し通し、吸引できる特殊な構造に発達している」。


392a45c3.jpg


ee590ec1.jpg


4e11bcd3.jpg



今回の研究成果は、オンラインジャーナル「ZooKeys」に11月14日付けで掲載されている。













人気ブログランキングへ
















posted by ちんた at 06:00| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

まるで地獄絵図のような密集するナマズの大群



よくどこぞの公園なんか行くと鯉の餌があげれて、鯉が密集しまくってビチビチと言ってる光景は目にしたことがあると思うけども、こちらはそのナマズバージョン。
















とっても元気・・・鯉とはまた少し違ったビチビチ具合だね。

e7a8a645.jpg


静止画で見ると・・・うん、ひげが気持ち悪いね・・・













人気ブログランキングへ
















posted by ちんた at 06:00| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。