2012年08月31日

リアル「ティモンとプンバ」発見!


ライオン・キングに登場するディズニーキャラクター、ミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァは、大親友。

オランダのOuwehands動物園にいるミーアキャットとイボイノシシもリアルティモンとプンバァ状態なのだそうだ。









  コストコ商品の通販[リセールタウン]












イボイノシシの赤ちゃんが初めて外に出てお散歩中、ミーアキャット軍団に遭遇。

もみ合いになっている所をママイボイノシシが終止符をうったそうだ。





完全に一致。

fb524f57-s.jpg



好奇心旺盛で追い回すミーアキャットと、ビビるイボイノシシ。

両者の性質がよく表れているね。



ソース
http://dailypicksandflicks.com/2012/03/31/baby-warthogs-vs-meerkats-video/







人気ブログランキングへ











posted by ちんた at 06:00| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

ニホンカワウソ絶滅種に認定


この「認定」と言う言葉は嬉しくない言葉だね。


国の特別天然記念物のほ乳類、「ニホンカワウソ」について環境省は、調査を続けて30年以上、生息が確認できる情報がないことなどから、すでに絶滅したと判断し、「絶滅種」に指定することを決めたそうだ。

昭和まで生息していたほ乳類が「絶滅種」に指定されたのは初めて。












ニホンカワウソは国内の川や海辺に生息する体長が1メートルほどのイタチ科のほ乳類で、かつては北海道から九州まで広い範囲で生息。

しかし、自然環境の悪化や良質な毛皮を目的とした乱獲で生息数が大幅に減り、昭和54年に高知県須崎市の川で目撃されたのを最後に確実な生息情報は無かった。


環境省は「ニホンカワウソ」について、国内で絶滅のおそれがある野生の動植物をまとめている「レッドリスト」で絶滅のおそれが高い「絶滅危惧種」に指定していた。
その後も調査が続けられていたが、環境省は、専門家とともに検討した結果、30年以上、生息が確認できる情報がないことなどから、すでに絶滅したと判断し、「絶滅種」に変更することを決めたそうだ。


ほ乳類の「絶滅種」には21年前、明治時代までに絶滅したとされるニホンオオカミなど4種類が指定されていたが、昭和まで生息していたほ乳類が指定されたのは今回が初めて。


1fa6fa54.jpg


ニホンカワウソはイタチ科のほ乳類で、全長1メートル前後、体重が4キロから11キロほどで手足は短く、指の間に水かきがあるのが特徴。

川の中流や下流、それに海岸近くに生息して、魚やエビなどを食べ、陸上で休むこともある。
清流を好む動物で、豊かな自然環境がどれほど残っているかのバロメーターとされている。

二本足で立ち上がる愛きょうある姿が親しまれ、カッパのモデルとも言われていたというのは初耳。

かつては全国各地で見かけられていたが、柔らかくて光沢のある良質な毛皮を狙って乱獲が行われ、農薬や排水による水質汚染、それに河川の開発による生息環境の悪化で生息数が激減したそうだ。







人気ブログランキングへ










posted by ちんた at 20:32| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

真の世界記録?5秒95



オリンピック選手ウサイン・ボルト100メートルの世界記録9秒58。

なんとそれを遙かに上回る選手がいたのだ。














オハイオ州のシンシナティ動物園が8月2日に発表したところによると、同動物園で飼育中の11歳のサラは、動物園が設置した全米陸上競技連盟の認定コースを走り、レーダー計測で最高時速98キロをマークしたという。


このニュースを報じた米ナショナル ジオグラフィック誌は、同誌プロジェクトのためにサラを含むシンシナティ動物園の複数のチーターを撮影しており、チーターの動きをとらえた、これまでにない高速撮影写真などを11月号に掲載する予定だ。



サラが6月20日に出した100メートル走のタイムは、これまで地球上の生物が出した最速記録だという。



cheetah-world-speed-record-set_57554_big.jpg






スプリントは全部で30回以上行われたが、撮影した動物園の5頭のチーターが記録した100メートルのタイムは、サラの5秒95という猛烈に速いものから、若いオスのチーターが気もそぞろにゆっくり走って出した9秒97という平凡なタイムまでさまざまだった。


サラの記録は、人間と比べると驚異的に速いように思えるが、引き締まった体を持ち、腹をすかせ、自分や自分の子どもたちが生きるためにレイヨウを追いかける野生のチーターがそれよりずっと速く走っていることはまず間違いない。


あとで餌がもらえるとわかっているサラ達にとってはこれは遊びなのだ。








人気ブログランキングへ








posted by ちんた at 06:00| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。